​設計の進め方

1.設計のご相談

お会いして、条件や夢、希望などをお聞きします。

​こちらからもあらゆるアドバイスをし、対話を通してイメージの共有を図ります。

​↓

2. 実績物件の見学

実績物件をご覧いただき、体感と共に所有者の生の声を聞いていただきます。

​↓

3. 基本計画

現地を訪れ、敷地と周辺環境を調べた上で、条件・イメージに沿った計画案を作成・提出します。*

*設計監理契約を結んでいただきます。

​↓

4. 基本設計

基本計画案をさらに煮詰め、最もふさわしいと合意した案の平面図・断面図・模型又は3Dパース・仕上表・概算書を作成・提出します。

​↓

5. 実施設計

決定した基本設計に基づいて、工事に必要となる設計図書一式を作成・提出します。使用する材料・機種については、現物を確認いただき決定します。

​↓

6. 施工業者の選定

施工業者は、経営状態、技術力、実績、価格などを精査し、物件に最も適した業者を選び推薦します。

​相見積の場合は複数者選びます。

​↓

7. 見積書の提出

選定した施工業者に見積を依頼し、設計図書に基づいた見積書の提出を受けます。

​見積内容を精査し、適正な価格で業者と交渉します。

​↓

8. 工事契約

施工業者を決定し、工事契約を結んでいただきます。

​↓

9. 許可申請

確認検査機関に建築確認申請を行い、建築許可を受けます​。

​↓

10. 工事着手

設計図書に基づいた工事が行われていくよう、施主の代理として現場を監理し、状況を報告します。施主にも、要所で現場を確認していただいています。

​↓

11. 竣工・引き渡し

工事の完成検査の終了と取り扱いの説明をもって、工事業者から引き渡しを受けます。

KUMADA ARCHITECTS

© 2019 Kumada architects. All Rights Reserved.