松尾の家

施主が育った築30年の家を親から譲り受け、夫婦と子供2人の今後30年の暮らしを見据えた住まいの再生です。暗い・寒い・弱い、この家が持つ短所と長所を調査・整理した上で、間取りの変更・天窓採光・断熱補強・耐震補強などの適切な改修を行いました。その結果、見晴らしの良い広がりのある家族室や可変性の効く子供室が生まれ、子供のたちの成長を育む家として蘇りました。
所在地|京都市西京区   構造|木造2階   敷地面積|121.18㎡   延床面積|98.82㎡

before

before

KUMADA ARCHITECTS

© 2019 Kumada architects. All Rights Reserved.